最新情報

【滅失登記】建物を取り壊したときや、昔に取り壊した建物の登記記録が未だに残っているときは、建物の滅失の登記が必要となります。滅失の登記の申請には、建物を取り壊した業者の取り壊し証明書に実印を押印してもらい、印鑑証明書を添えて法務局へ登記を申請します。ただ、取り壊し証明書がない場合でも他の書類により申請できますので、お気軽にご相談ください。

今すぐ電話

【本則量】
京都で本則量を行いたいなら、とのがい土地家屋調査士法人にご依頼ください。
本則量を行う理由は、それぞれ事情があると思います。事情に合わせて、必要な作業をご提案して、少しでも作業が少なくなるよう工夫します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

【役所調査】
とのがい土地家屋調査士法人では、建物を新築する際の建築プランを検討するにあたり必要となる各種自治体に対しての役所調査を行っております。費用はたとものの表題登記のときに併せて請求するので、住宅ローンへの組み入れも容易です。戸建て以外のアパートや工場等の調査も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【役所調査】
とのがい土地家屋調査士法人では、建物を新築する際の建築プランを検討するにあたり必要となる各種自治体に対しての役所調査を行っております。費用はたとものの表題登記のときに併せて請求するので、住宅ローンへの組み入れも容易です。戸建て以外のアパートや工場等の調査も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【建物表題登記】
建物を新築した場合に新たに登記記録を作成する必要があり、その際には法務局に建物表題登記を申請する必要があります。
当事務所では、当該登記手続きを代理して行う専門家ですので、費用、納期等お気軽にお問い合わせください。

建物を新築したり、未登記だった建物の登記をするときは、ぜひとのがい土地家屋調査士法人にご相談ください。
値段を聞くだけでも大歓迎です。

【境界確定】
隣接する土地との境界を復元したり、隣接する土地所有者様と境界の確認を行う場合には、お気軽にご相談ください。お見積もりは無料です。

どうぞよろしくお願いします。

今すぐ電話

【建物表題登記とセットでお得】
表題登記の依頼を前提とした建築予定の敷地を測量したり、建物表題登記と滅失登記を一括して申請すると現地調査の手間が1回省けるので、費用がお得になります。詳しくは当事務所までお気軽にお問い合わせください。

今すぐ電話

【用地測量・境界確認(確定)】
外海土地家屋調査士法人は,土地を売買される際に,土地の境界をはっきりさせたい。境界標識を埋設したい。土地の正確な面積が知りたい等のご希望にお答えします。土地の広さや隣接している土地の筆数によって値段が変わりますので,まずはお気軽にお問い合わせください。

今すぐ電話

会社概要

とのがい土地家屋調査士法人は,2015119日に外海一平が個人事務所を法人化した事務所です。法人化の目的は,顧客データの永続的な管理・対応,スケールメリットによる低価格化,ノウハウの蓄積・継承,そして社員の雇用環境の改善のためです。建物や土地に関する登記以外にも,様々な業務(土地の測量,隣接する土地所有者との境界の確認,筆界特定の申請,敷地調査)においても着実に業務分野を拡張し,その各分野で顧客ニーズに合わせたサービスを提供しております。 

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 075-285-1955

住所

ルートを検索
日本
〒607-8411 京都府山科区御陵大津畑町
41 (1F東側)

営業時間

月:9時00分~20時00分
火:9時00分~20時00分
水:9時00分~20時00分
木:9時00分~20時00分
金:9時00分~20時00分
土:10時00分~17時00分
日:定休日
見積もりを表示
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。